記念日やお祝いに【花束・フラワーギフトのモン・キャドー】

カートを見る

切花を長く保つ方法

切花を少しでも長く美しい状態で保つようにするためには、いくつか効果的な方法がありますので基本的なことを紹介します。

1. 水はまめに取り替える

水はまめにに取替え、花瓶にはたっぷりと水を入れるようにします。
また、この時に花瓶の中も忘れずに洗うようにしてください。
(茎の切り口から出る有機物がバクテリアを発生させるのですが、水だけを替えても花瓶が汚ているとすぐにバクテリアが発生して花を腐られてしまいます。)

2. 切り戻しをする

花の水あげが悪くなってきたり、切り口が痛んできたら切り戻しをしてください。

3. 水揚げをしてあげる

花が十分に水を吸収するようにしてあげる方法で、花の種類や状態によっていいくつかの方法があります。

・水きり

一番簡単でほとんどの切花に効果的な方法です。
【手順】
1.水中で茎を斜めに2~5cm程度切ります。
2.切ってすぐに水から出さず、1分程度そのまま浸けておきます。
(すぐに出すと切り口に空気の層が出来てしまい水の吸い上げが悪くなってしまうので注意してください。)

・湯上げ

茎先をお湯に浸し、導管内の空気を膨張させ真空状態にしたところで水に浸すと導管が冷え圧力が再びかかり水を一気に吸い上げます。
野花系で水が先端まで行き渡りにくい花や小さな花がたくさんついている花(ヒマワリ・ダリア・マーガレット・ガーベラ・カスミソウなど)に効果的な方法です。
【手順】
1.根元を10cm程残し新聞紙でしっかりと包みます。
2.茎の先をそろえて茎を加熱する時間が同じになりようにします。
3.容器に熱湯(ポットで保温している温度で可)を入れ、茎先を3~4cm浸します。
4.浸した部分が鮮やかな緑色になったら取り出し、多めの水に茎を浸します。
5.そのまま1時間程度置いておきます。
(熱が花や葉に伝わらないように新聞紙でしっかりと保護してください。)

・焼き上げ

焼いた後に水に浸した時のショックで花の先端まで水を吸い上げるだけでなく、バクテリアなどの細菌繁殖を防ぎます。
バラ・マーガレット・ポインセチア・コチョウラン・ボタンなどに効果的な方法です。
【手順】
1.濡れた新聞紙で包みます。
2.中火の炎で茎の先5cm程を真っ赤になるまで焼きます。
3.茎の先2cm程が炭化したら、直ぐに水に浸します。

・逆さ水

アジサイ・アザミ・キキョウ・ススキなどに効果的な方法です。
葉の大きなもの、葉のたくさんついているものは葉の裏から水分をどんどん蒸発してしましますので、花を逆さまにして切り口の方から水をかけます。(花に直接水がかからないように注意してください。)

・深水

水圧を利用し水揚げをします。
バラ・ヒマワリ・シャクヤク・アンスリウム・ブバリアなどに効果的な方法です。

・根元割り

根元に十文字や一文字の切り込みを入れることで、水の吸水がよくなります。
サクラ・ウメ・ボタン・ツバキ・モモなど茎が硬くて太いものに効果的な方法です。
【手順】
1.根元から2~5cm程を半分にする感じではさみで切り込みを入れます。
2.切り口が十文字になりように、さらに切り込みを入れます。
3.たっぷりの水(深水)に浸しておきます。
(枝が太いものは茎の根元10cm程、皮を削っておくとより効果的です。)

カテゴリーから探す

最近チェックした商品